ゆけむりWORKS

ジミーにコマカイこと

てなわけ?で、SRX の 2台目を地味ーに進めております。

900SSのチェーンの一刀彫りがタイヘンだったけど、割と上手くいったので、
0.5mm タガネによる溝掘り & 伸ばしランナー植え込みでローラーを表現してみます。

使用前と溝掘り後


で、伸ばしランナー植え込み

srx-103.jpg

結論的に…手間的にはどっちもどっちですなw
一刀彫りでやってみて、もし失敗したら削ってランナー植えるぐらいの方が気が楽かもしれませぬ。

今回は、さらにディティールをいれるべく頑張っておりマス。
オイルラインのパーツもチマチマ削りだしてみたり。

srx-104.jpg

ドライサンプらしく、戻りのオイルラインも再現しようとか思ったりしてるんで、
ゼンゼン手が進みませんが、まぁそんなところデス。

  1. 2015/11/29(日) 23:32:09|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完成しました

ブログの記事が遅くなりましたが、無事に完成しました!
TINAMI にも写真上げてマスので、よかったらそちらも見てください。
せっかくなので、蔵出しハイビジョンサイズの大きめ画像で。荒さとか指紋とかモロバレですが(汗

塗装は Mr.Color をブラシ吹き&筆塗り。
タンクやカウルは 8番シルバー、サイドカバーは GXラフシルバー。
フレームは黒鉄色にオリーブドラブ 20% ぐらい。
後はテキトーにツヤと濃度を変えたグレーを混色しました。

スーパークリアを吹いてますが、一度ウレタンクリアも使ってみたいかな。

タミヤ 1/12 YAMAHA SRX-6

風で吹っ飛ばされてクリアのスタンドが折れたりとかしましたが、
自然光で、さらに青空入れると、カッコ良さ 200%増しに撮れますナ。
裏山に良い撮影ポイントがありましたw

タミヤ 1/12 YAMAHA SRX-6

キットはスリムな車体をうまく再現できてます。

タミヤ 1/12 YAMAHA SRX-6

2mm プラ棒でレーシングスタンドをスクラッチしました。
図面も書かずにエイヤで作った割には、それっぽく見えて及第点かと。

タミヤ 1/12 YAMAHA SRX-6

てなわけで、念願の 1/12 バイク、初の完成品となりました!
塗装環境をもうちょい良くして、もう何台か作ってみたいデス。
レーサーもいいけど、ロードバイクが好みかなー

  1. 2015/03/15(日) 16:22:06|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追い込み工作

フレームの左右のループを接着する前に、コイルを仕込みました。
タンク被せたら、まーたく見えなくなっちゃうんですが、そこはそれw
プラグキャップは NGK ぽい色で。



ハンドルスイッチ類は、抜きの関係でいろいろ残念だったので、
プラ板でディティール追加してマス。
ライトスイッチとウインカースイッチの溝は 1.0mm タガネで彫りました。

srx-030.jpg

スキマから向こうが見えちゃうと萎えるので、
サイドカバーの内側に、0.3mm で仕切り板を追加。
実車でもゴムパーツ入ってマス。ボロボロになっちゃいますが。

srx-027.jpg

ホーンをアオシマの XJR からブンどりw
ヘルメットホルダはプラ板と 1.5mm プラ棒。0.5mm 真鍮線でそれらしく。
もうすこし Rを小さく曲げたかったけど、このへんが限界。

srx-028.jpg

フレームと一体成形の燃料コックですが、側面・ウラ面のパーツがごっそり無いので
これまたスクラッチ。キャブにホースが繋がっているように見せます。

ゴムホース類やアウターワイヤー類は、もう少し径が違うリード線的なモノを
何種類か使い分けたかったデス。
スロットルワイヤーなんかも再現したかったんですけどねー

Gパーツさんとか、アソートパック作ってくんないかな(ぼそ)
あと、接続部分のディティールとか、なんとかしたかったけど及ばず。

srx-029.jpg

そんなこんなで、よーやく完成が見えてきましたよ

  1. 2015/03/08(日) 00:07:16|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪我の巧妙な光明

ジミーに塗装も進めまして、下地吹いて、8番シルバー吹いて、クリアも一層吹いて、
よーやく貼り始めたデカールが、がっつり割れましたorz
それも一番目立つスピードメータのパネルがですよ奥さん。

デカール割れたorz

実は、1000円時代のキットのデカールもキープしているんですが、
改めて見ると解像度が存外に低い…
てなわけで、手元にあったクリアラベルの用紙に、ネットで拾ってきたw メーターの画像を印刷。

ラベルシートに印刷

ついでに、ナンバープレートつーかライセンスプレートのお洒落グラフィックも作成w
これが意外と解像度も高くて、平面だったので、用紙の厚みも気にならず。
予想外に良いカンジのメーターパネルとなりました♪

なかなかの出来映え

キットはまだ何個かキープしてるので、使い回しも可。
400ベースで作る時にはレッドゾーンの開始回転数を修正しないといけませんが、
そんなコマカイところを気にするヒトは居ないと思われw

とゆわけで、なんとか先が見えてまいりました。

シートもそれっぽく

シートも、柔らかく見えるよう削りこんで、パイピングを伸ばしランナーで再現。
開閉用のキーホールも再現しました。内側 1.5mm 外周 2.5mm でこんなカンジです。
  1. 2015/02/17(火) 21:58:25|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塗装がうまくいかなくて

あけおめ(激遅

てなわけで、牛歩な SRX さんですが、ジミーに進めております。
省略が目立つオイルラインを 0.8mm線でこさえました。
メッシュ部分は、上州屋で買った高級リリアンを黒く塗って使用。

srx-008.jpg

効果は高いと思いますが、なにせ3次元的に離れた空間を結ばなければならないため
こんなカンジで試作を何回か繰り返しました。

srx-009.jpg

ちなみに、シリンダー後ろに生えてるように見える2本の棒は、
ブローバイとオイルタンクのオーバーフローのパイプを差し込む口です。
伸ばしランナーでさっくりと作成。
逆に、クラッチワイヤーの取り付けアームはめんどくさいんでこのままで(笑

次いで特徴的な三角形のサイドカバー。

srx-010.jpg

コレ、単純な板じゃなくて、フレームのカーブに沿った微妙な三次元曲面をしています。
キットままではクリアランスもイマイチなので、フレームとスリ合わせします。
元々が薄いアルミ板なので、フチも薄々攻撃を。(実物は折り返しがあります)

3本のボルトの座面も、スジ彫りのように垂直に切り落とされているワケではなく、
すり鉢状になだらかに凹んでいます。
このへんが SRX のデザインで一番好きなとこカモしれないので、丁寧にやりたく。

srx-011.jpg

てなかんじで、塗装もボチボチ進めております。
ただ、肝心のタンクやフェンダーの塗装に何回も失敗しておりまして、
クリアまでは行くんですが、研ぎ出しで失敗→シンナー風呂みたいな残念な状況デス。
ちゃんと下地を作って時間を掛けて何層か吹けばいいとは思うんですが、下手なのね(涙

きっとちゃんとした塗装ブースが無いのがダメなんだ。そうにちがいない(棒読み
今年の静岡ホビーショーでタミヤ本社のアウトレットで購入予定!ということにしておこう♪
  1. 2015/01/29(木) 21:53:32|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ