ゆけむりWORKS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バンダイの新しいヤツにも触っとく

てなわけで、最新動向をチェックするためバンダイの新しいヤツをゲット。
HG AGE1 タイタスさん、でんでん人気がないのか、エイデンで「2ガンプラ」価格で投げ売りされてましたので
おぢさんのお小遣いでも買えました~

タイタスさん

バンダイの HG は、00ガンダム以来に触りました。
パチ組みしてみると、これがまたよく出来てマスな。
00 もそうでしたが、ものすごくよく動くしカコイイポーズも決まる。
とりあえず目玉だけ蛍光グリーンで筆塗り。

で、ホントーの目的は、おっきなグーの奪取w

グー比較

ギャリアさんに採用しようとしている手首比較です。
左から、MG RX-78 O.Y.W、 イエサブ極め手(1/100用)、 タイタスさん。

ほぼ 1/100サイズとゆーことがわかります。
スパロボ世代には、これぐらいのグーの大きさが自然w

titus04.jpg

MG の手は親指のヤル気の無さが萎えますね。
極め手は及第点なんですが、やはり親指付け根あたりに力強さが欲しい。
タイタスさんは固定なので、ガッチリ握りしめていて好印象。

ホントはこないだ出た MG マラサイさんの手首が最高だったんで欲しいんデス。
今度出るバンダイのあの手首はイマイチぽいんでw
静岡ホビーショーで川口名人に直に別売りしてけれとリクエスト出しときました。

しっかし、HG タイタス良いです。
肩の装甲がスライドするところとかシビれます。
パーツ取り用と思ってましたが、フツーに仕上げてブンドドするのも楽し。
もう2~3個確保しとく?
スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 11:26:10|
  2. プラモ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポリキャップ隠し的な

0.3mm プラ板やら、伸ばしランナーの先端を炙って丸めたリベット的なパーツを使って
このよーなモノを造ってみました。

謎のパーツ

バルブドさんの手首のパーツをポリキャップに変更してるんですが、
ちょっと見えすぎちゃって困るわ~ (C)マスプロ なので、

ポリキャップ丸出し

このよーに隠しつつディティールアップするのでした。
こーゆーチョコマカしたパーツをつくるのは楽しいですな。

ポリキャップ隠れた

で、塗装もチビチビ進めております。
今回は筆目も荒くゲージツ的に塗ってマスw

筆目がステキ?

なんかエアブラシ等で綺麗に塗るよりイイカンジに思えてきてるんですが、
1/144 ではオーバースケールな表現かしら?

白やら黒やらを微量づつ混ぜてタッチを付けて塗ってるんですが、
基本色を万年皿に取っておいて、気が向いた時に適宜溶剤で延ばして作業できる Mr.Color はエラいデス。
ヨ式な「くどい工作・仕上がる模型」てのがなんとなく解ってきたよーな気も♪
  1. 2012/06/20(水) 23:25:03|
  2. 1/144 HM バルブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パイプ類の加工とか

HM の記号の一つ、パイプ類をこさえてみました。
グライアさんはキット付属のビニールチューブでお茶を濁したんですがw
光が透けちゃったり、質感的にはやっぱりイマイチなので
バルブドさんは WAVE A-スプリング素材で造ってみます。

スネ横のスプリングは 2.0mm
本来のデザインは、ザクの動力パイプよりちょいスパンの長い竹の節みたいなカンジなんですが、
めんどくさいのでスプリングでいいやw
曲がり具合がキモなので、長さを微調整しつつ仕込みます。

スネ横

ヒザ裏は空間がヒジョーに狭いので 1.5mm で。
伸ばしランナー基部のテーパー部分に差し込んで位置決め。
プラ部分はモモ裏側へ接着。下側はフリーにしマス。

ヒザ裏

ウデのパイプは上下共 2.5mm を使いました。
二の腕側は孔が狭いので削りこんでマス。

マスク横もそうですが、ラッカーのあずき色を直で筆塗り。
どーせたいして動かさないし、剥がれたら塗り直せばおけw

3層終了

塗装も下塗り2~3層まで完了。
色がノってくると、だんだんとイイカンジになってまいりましたー♪
もうちょいコッテリ・クドい系で塗っていきますよ。
  1. 2012/06/16(土) 18:26:58|
  2. 1/144 HM バルブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筆塗り開始♪

よーやく塗装行程に入れました。

つか、まだ工作やら表面処理も残ってるんですが、ほら塗ってると楽しいじゃないですかw
先日、BUNSEIDO の HIGHSABLE No.0 とゆー筆を導入。
1/144 ならば、ほぼ全身これ一本で塗れるんじゃないかとゆーオールマイティな使いやすさ。

キットのカラーレシピで試し塗りしたところ若干イメージが違ったので、
結局、てけとーにブレンドした色で塗り始めておりマス。



焦げ茶部分は艦底色で一次塗りしてますが、ちょっ~と赤すぎるカンジ
全体的にもう少し明度を上げる方向に行く予定。

あと工作つーか、胴体・背中部分のディティールを 0.3mm プラ板&流し込み系で貼り貼り。

balbud45.jpg

ゴムっぽく見えるように塗装できるかが課題。
今更ですが、ラッカー系(Mr.Color)って筆塗りするの難しいデスね~
  1. 2012/06/09(土) 17:17:24|
  2. 1/144 HM バルブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。