ゆけむりWORKS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱ、やりたくなっちゃいマス

ブレーキのロータを加工します。
イマドキのバイクモケーだと最初から抜けてたりするらしいですが、
この頃のは世界の TAMIYA 製でも凹モールドです。

基本的には、0.6mm で開口。スリットは 1.0mmで孔を繋げて、直線になるようにキレイに慣らします。



ローター自体のプラの厚みもあるので、例によって薄々攻撃します。
やってる途中で、大量の開口作業がメンドクサクなって諦めるとか、手が滑ってローターが割れて挫折等
のバイク模型の罠にハマるパターンも多いかと思いますが、今回はうまくできましたー♪

srx-006.jpg

ハブ側の接着面にもバリがあったりするので、スリ合わせは慎重に。

エンジンとフレームに省略されているボルト・ナットを再現していきます。
適当な太さになるようランナーを伸ばしてカット&ペースト(違
ヘキサボルトの場合、アタマを0.6mmでザグるとそれっぽくなります。

srx-007.jpg

フレーム側のエンジンマウントのボルトは目立つのでぜひ再現したいトコロ。
エンジン側は、オイルフィルタの蓋のチェックボルトと、
オイルクーラー付け根の「あのボルト」wを再現。

ケースカバーの YAMAHA の文字がある円盤は、キットでは平板すぎるように思えたので、
曲面になるよう削り混むとカンジが良くなるかと思いマス。

フレームは仮塗装してます。28番黒鉄色にオリーブドラブを少々。
ホイールはこれから調色しマスが、黒鉄色にちょいシルバーかな?
  1. 2014/12/23(火) 12:18:56|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目標は「完成」

遙か昔、たぶん 20世紀の終わりころ。
「タミヤの SRX-6 に FZR-750R (OW-01) の足回り組んだらカッコいいんじゃね?」
てな発想を基に、自分の技量も省みず制作開始、案の定途中で挫けて何年経ったか?
てな残骸が今も残ってます。

スイングアームは無理矢理入れたけど、フロント周りがうまくマッチングできなかったような気が。
マフラーもスクラッチしようとしたものの、どーにもうまくいかず…てなかんじで。



そんな折、モデグラ #360 の巻頭特集記事になったタミヤの SRX-6。
プロが仕上げただけあって流石に素晴らしい出来。
で、焼けぼっくいに火が点いたという次第w

なあに、こっちにも資料はあるし、なんなら実車もある (3型の 400だけど)
もちろんキットの在庫も(複数)あるでーw

srx-002.jpg

しかしながら、思い起こしてみると、1/12 のバイクを 1台もマトモに仕上げられたことが無い。
とりあえず「完成させるのが目標!」とココロに誓ったのがいつだったか。

シリンダーヘッドは目立つので、どうにもやりたくなっちゃいましてー
気づいたら、タコメーター・ドライブのパーツを切り離し。
もちろん特集記事は毎日何度も読み返しております。

srx-003.jpg

ロッカーアームのシャフト受けと、オートデコンプのアームをスクラッチ。
タコメータードライブは、1型とそれ以降はカタチが違うんですが、
後期型の方が模型映えしそうだし、好みなのでそっちを採用。

srx-004.jpg

デコンプ下のフィンの切り欠き部分もキットは凸ですが、実物は凹なので彫り込んでみたり。
古いキットの方も実験台として役立てつつ、完成に向けて頑張ってみます。
  1. 2014/11/24(月) 22:34:39|
  2. 1/12 YAMAHA SRX-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。